MENU

銀行カードローンで借りる

キャッシングと言えば消費者金融の代名詞のように思われていますが、最近は銀行もあまり積極的でなかった小口融資に力を入れています

 

銀行カードローンは独自の基準で融資をしているので、基本的には消費者金融で借りるより金利が低い事が銀行カードローンのメリットになります。銀行カードローンでキャッシングを始める時は特徴を比較して、よりよい条件の借入先を決めるのがポイントです。

 

即日融資で借りる時の条件

キャッシングを申込む銀行によっては、申込先の銀行に口座が有る事という場合と、指定口座はなし、としているカードローンがあります。当然、銀行口座が無い方が手軽な手続きとなるのですが、口座が必要な場合には、カードローンの申込みをする時に、同時に口座開設手続きも出来るようになっている場合がほとんどなので、それほど手間はかかりません。

 

しかし、即日融資で借りる時は、口座指定が有ると、その日の内に振込をして貰う事が出来ません。口座開設だけでなく何らかの書類の郵送が必要となる場合があります。即日融資は多くのカードローンで利用できますが、指定口座のない方が、手軽に借入できるので、事前に口座が必要かどうかも調べておく必要が有ります。

 

専業主婦のキャッシング

銀行カードローンも基本的には、本人に収入が有る事が条件ですが、総量規制の対象外なので、収入による制限はありません。ですから、消費者でキャッシングが出来ない、無収入の専業主婦でも審査が受けられるカードローンもあります。

 

銀行カードローンすべてで申込が出来るわけではないので、専業主婦がキャッシングを始めたい時は、申込が出来るのかを調べておく必要が有ります。

 

銀行カードローンの場合、専業主婦専用の商品が用意されているカードローンは、ほとんどの場合、本人に収入がなくても、審査が受けられます。

 

専業主婦の商品は融資限度額が30万円、50万円といった少し低額の限度額になりますが、配偶者の同意や収入証明書類は不要で申込が出来ます。生活費の不足を補う程度なら、これくらの限度額で十分ではないでしょうか。

 

三菱東京UFJ銀行「バンクイックk」イオン銀行カードローン「BIG」、楽天銀行カードローン、ソニー銀行カードローンなど、多くのところで申込が出来るので、金利なども良く調べて申込をしてみてはどうでしょうか。