MENU

お金が足りない、と思ったら誰しも考えるのがキャッシングやカードローンです。キャッシング・カードローンを取り扱う会社は、大きく分けると銀行系とノンバンク(消費者金融、信販会社など)に分けられます。

 

銀行とノンバンクで大きく違うのは、銀行は総量規制の対象外なのに対し、ノンバンクは総量規制の対象になる事で、総量規制の制限は、年収が有るか無いかで、申込先が違ってきます。

 

無収入の専業主婦は銀行カードローンを利用する、即日融資を希望する方は消費者金融でキャッシングするなど、それぞれの特徴を理解した上で申込先を決める必要が有ります。

 

銀行カードローの特徴は

銀行のカードローンとは、その名の通り、銀行が取り扱っている金融商品です。カードローンを扱っているのはメガバンクから都市銀行、信用金庫などあらゆる銀行がカーローンに積極的に取り組んでいます。銀行は、それぞれが独自の審査基準を決めているので、銀行ごとに金利や融資条件に違いがありますが、唯一銀行カードローンは総量規制の対象外という事では同じです。

 

総量規制とは、貸金業法で制定された法律で、消費者金融や信販会社が対象になり、融資する際の制限をしています。その中の一つが、「融資限度額は年収の3分の1を超えてはならない」という決まりです。

 

たとえば年収300万円の人の場合は、ノンバンクからの借入限度額は300万円の3分の1、100万円までになります。

 

総量規制の対象は、消費者金融や信販会社だけで、銀行カードローンは対象外となり、この収入による制限はなく、そのため銀行独自の審査基準で審査基準を決めています。

 

総量規制が大きくかかわるのは、消費者金融は無収入の専業主婦のキャッシングが出来ないという事です。しかし、銀行のカードローンの中には、専業集専用の商品を用意している銀行が有ります。本人(主婦)に収入がなくても、配偶者に安定した収入があれば、限度額内で借入することができます。

 

代表的なところで、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は30万円まで、イオン銀行カードローンBIGは50万円まで、ソニー銀行カードローンは50万円まで、配偶者に収入があれば申込できます。

 

銀行のキャッシングやカードローンは金利が低いほど審査が厳しくなります。

 

消費者金融の特徴は

大手消費者金融のキャッシングは、どの業者でもスピード審査に優れているので、即日融資が可能となっています。

 

大手消費者金融は最短30分で審査が終わる事や、全国に無人契約機を配置している事から、平日だけでなく、土日、祝日も含め、ほぼ365日即日融資でお金が借りられます。今日中にまとまったお金が必要というように、急いでいる人にとって、大変役に立つサービスです。

 

ただし、消費者金融は総量規制の対象となるので、年収の3分の1までしか借りることができません。

 

たとえば、年収300万円の場合、すべてのノンバンクからの借入合計は100万円以内となります。

 

消費者金融は、振込みによる融資だけではなく、コンビニATMやネットキャッシングを使ったキャッシングにも対応しており、返済も、ネットバンキングやコンビニATM、口座引き落としなど多くの種類が用意されているので、自分の環境に合わせた返済方法が選べます。銀行カードローンと比較すると、自由度が高く、審査や融資のスピードが早いことが消費者金融の特徴といえます。

 

銀行カードローンと消費者金融どちらがおすすめ?

  • 消費者金融は即日融資に向いていて、銀行に比べて金利が高い。
  • 銀行カードローンは金利は低いけれどが、審査が厳しく時間がかかる。
  • 消費者金融は総量規制の対象で、銀行カードローンは総量規制の対象外。

これらの事から、どちらかを選ぶ事になります。

 

「キャッシングが初めての方」

初めてお金を借りる人は、まずは銀行から借りる方が安心です。

 

大手消費者金融のように名前がよく知られた消費者金融なら安心ですが、インターネットの宣伝だけを見て名前も知らない消費者金融へ申込むのは危険を含んでいます。出来る事なら、銀行を利用する方が初心者の方にとって安全なキャッシングが始められます。

 

「専業主婦の場合」

パートやアルバイトなどの収入がないという専業主婦は、銀行カードローンを選びましょう。

 

銀行のカードローンなら、配偶者に安定した収入があれば、申込むことができます。ただ、パートやアルバイトをしている兼業主婦の方は、消費者金融と銀行カードローンどちらも選ぶ事が出来ます。

 

「属性に自信がない人は費者金融がおすすめ」

収入が少ない人や、転職して日が浅いなど審査に通るか自信がない人は、審査の緩い消費者金融をおすすめします。

 

銀行に申込をしても、まず審査に通らないと思われる人でも、消費者金融の審査に通る可能性はあります。実際口コミなどでも「銀行はダメだったけれど消費者金融の審査に通った」と言う書き込みも多いので、属性が少しくらい低くても心配する必要はありません。

 

ただし、その分金利が高くなるので、計画的に利用する事が重要です。

 

「今すぐお金を借りたい人は消費者金融で」

即日融資は銀行のキャッシングやカードローンでも可能ですが、ノンバンクと比較すると、条件が厳しくなります。その銀行の口座が必要な場合や、午前中までに契約手続きが完了すること、などといった条件が定められているのです。

 

その点消費者金融は、自動契約機を利用すれば夕方からでも即日融資が可能です。急いでいる人は消費者金融のキャッシングがおすすめです。